efaxの解約方法と、1ヶ月間使ってみた感想


当サイトでもご紹介しているefaxとfaximoを申し込み、それぞれ1ヶ月使ってみました。

パソコンでの使用感

efaxとfaximoを比較すると、どちらも良いサービスだと感じました。
efaxのWeb管理画面は非常に凝っています。
送信方法も分かりやすいし、Faxへのタグ付けなど機能に富んでいます。
機能がありすぎる点が、パソコンに慣れていない人には受け入れづらいかもしれません。
Web管理画面での操作が難しいと感じる人は、メールでのFax送受信も行えるのでメールをメインにした利用がオススメです。

一方、faximoはシンプルながらも意外にしっかりした造りになっていて、とても分かりやすい管理画面です。
Webの管理画面からは送信ができないのですが、faximoはメールでの使用がメインになるので、あまり気にする必要はないかもしれません。
メールでの送信、受信は非常にシンプルで、とても使いやすく感じます。

スマートフォンでの使用感

efaxのスマートフォンアプリは、パソコンの管理画面が霞むほど素晴らしい出来だと感じました。
efaxアプリの操作方法をご覧いただくと分かりますが、受信Faxの確認、Faxの送信、加筆作業などがタッチパネルでも簡単に行うことができます。
詳細なアカウント設定には対応していないのですが、それ以外は本当に使いやすいアプリです。
スマートフォンからの利用がメインならば、必ずインストールした方が良いでしょう。
Android、iPhoneのどちらにも対応しているのも良いところです。

faximoもAndroidアプリとiPhoneアプリに対応していますが、Androidアプリは送受信が行えるのに対し、iPhoneアプリは受信したFaxを確認することしかできません。
efaxのアプリに比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

サービスの解約方法

faximoの解約はWebの管理画面から行います。
電話をかける手間が無いので、気軽に行えるのがいいですね。
faximoは解約後も月末まで利用できるのも、efaxとは違った特長ですね。
ただし、無料トライアルが無いので、利用した分の料金が徴収されてしまいます。
日割りの料金設定も無いので、たとえ数日しか使っていなくても1ヶ月分の料金と初期費用が請求されてしまいます。

efaxは電話での解約のみとなります。
私はお昼の12時半頃に電話しましたが、繋がってから担当の方が出るまでに5分かかりました。
担当の方に、efax番号と氏名、PINコードを伝えたら、すぐに解約することができました。
efaxは解約しづらいという口コミを良く見かけていたので、意外にもアッサリ終わったので安心できました。
料金について確認しましたが、登録後30日以内だったので全て無料との回答をいただきました。
解約手続き完了のメールは、電話の後6時間ほどしてから送信されてきました。
このあたりのレスポンスが、人によっては遅い!と思うかもしれません。
efaxは解約後5分ほどでサービスを利用できなくなるので、月の途中で解約される場合は気をつけて下さい。

efaxサービスを詳しく見る

あわせて読みたい